AREA INFORMATION

  • 鹿児島市観光農業公園

    41.3haの広大な敷地に農産物直売館や農園レストラン、体験用農地、キャンプ場、遊歩道、遊具、滞在型市民農園などがある施設です。豊かな自然の中で農業や食・環境などの体験や学習ができます。

    ■住所:鹿児島市喜入一倉町5809番地97
    ■お問合せ:099-345-3337

    アクセス方法

    喜入駅から車で約12分

  • 道の駅喜入(鹿児島市マリンピア喜入)

    「道の駅」喜入は、国道226号沿いの海岸線に面した長めの良い場所にあり、 錦江湾を望めます。レストラン・売店のほか、広々と明るい大浴場・サウナ・ 寝湯など施設が充実し、立ち寄りたくなります。一年中泳げるプールは、 全長53メートルのウォータースライダーが人気です。

    ■住所:鹿児島市喜入町6094-1
    ■電話:099-345-1117
    ■営業時間:10:00~21:00

    アクセス方法

    喜入駅から車で約7分

  • 指宿砂蒸温泉

    鹿児島県内有数の観光地。砂蒸温泉とは、浴衣を着て適度な温度になるように攪拌された砂に埋まって温まる入浴方法です。頭部以外の全身を埋めることで血行や老廃物排出の促進を図る効果があるそうです。

    ■住所:鹿児島県指宿市東部
     

    アクセス方法

    指宿駅より車で約9分

  • 家族風呂 野の香

    日帰りの温泉施設です。こだわりの露天風呂がお部屋全てにあり、心ゆくまで寛げる温泉です。

    ■住所:鹿児島県指宿市東方834-1
    ■電話:0993-22-4888(ご予約は当日のみ・9時から予約開始)
    ※詳細は、施設へ直接お問合せ下さい。

    アクセス方法

    二月田駅より車で約8分

  • そうめん流し 唐船峡

    回転式そうめん流し発祥の地で、いまでは全国から年間約20万人の利用客が訪れます。昭和37年、川上の湧水を利用し、竹樋で作ったそうめん流しがスタート。昭和45年には回転式そうめん流し器の意匠登録をし、全国第1号のそうめん流し発祥の地となりました。平成8年3月国土庁(現在の国土交通省)の「水の郷百選」選ばれた、清涼で豊富な湧き水を利用して、年間を通じてそうめん流しが楽しめます。木の香りと水の音に包まれながらのお食事は、お腹だけではなく、心の中まで満たしてくれます。
     
    ■住所: 指宿市開聞十町5967
    ■電話:0993-32-2143
    ※営業時間、料金につきましては、直接お問合せください

    アクセス方法

    東開聞駅より車で約11分

    MAP

  • いおワールド 鹿児島水族館

    「黒潮浪漫海道」をメインテーマに黒潮のたどる南西諸島の海に暮らす魚たちを多彩な水槽で紹介します。世界最大級の淡水魚「ピラルクー」など感動いっぱいの水族館です。イルカやラッコにも出会えます。

    ■住所: 鹿児島市本港新町3番地1
    ■電話:099-226-2233
    ■9:30~18:00(入館~17:00)
    ※詳細については、施設へ直接お問合せください。

    アクセス方法

    JR鹿児島駅より徒歩で約15分又はバス乗換え

    MAP

  • タツノオトシゴハウス

    タツノオトシゴハウスは日本で唯一のタツノオトシゴ専門の観光養殖場です。
    タツノオトシゴはメスから受け取った卵をお腹の中で育てて出産するというユニークな生物です。
    大きな水槽でタツノオトシゴをご覧頂ける他、資料展示やオリジナルグッズの販売も行っております。

    ■住所:鹿児島市頴娃町別府5223-2
    ■お問合せ:0993-38-1883
    ■営業時間:10:00-16:30 定休日 火曜日

    アクセス方法

    JR指宿枕崎線 水成川駅より徒歩で約20分

    MAP

  • 番所鼻自然公園

    薩摩藩の番所があったことから名づけられた番所鼻自然公園は日本地図作成のために立ち寄った伊能忠敬が「天下の絶景なり」と賞賛した景勝地です。
    開聞岳が一望できる展望スペースや、「幸せの鐘」があります。

    ■住所:九州市頴娃町別府
    ■電話:0993-83-2511

    アクセス方法

    JR指宿枕崎線 水成川駅より徒歩で約10分

    MAP

周辺スポーツ施設のご案内

  • 喜入総合運動場多目的グラウンド

    MAP

  • 喜入武道館

    MAP

  • 喜入総合運動場相撲場

    MAP

スポーツ合宿におすすめ!選ばれる9つの理由はこちら